ヤリスクロスオーバー CROSSOVER

 

 

新開発コンパクトカー用TNGAプラットフォームは評価も高く、また新開発された直3、1.5Lエンジンによるパワートレーンも低燃費と高いドライバビリティを両立しており、とても高い評価を得ています。

 

ヤリスの弱点をあえて挙げるならば、少し後ろ席が狭いという点です。

 

しかしトヨタのヤリス設計者は割り切っていると言います。あえてあのサイズにしたと言います。

 

ヤリスよりも大きいBセグメントSUVを発表すると公表されました。

 

このBセグSUVこそが9月にデビューが計画されているヤリスクロスオーバーです。

 

ボディサイズは全長4170mm、全幅1765mm、全高1555mm、ホイールベース2560mmというものです。

 

ヤリスよりも全長が230mmも長くなるとともにワイド化されることで後ろ席スペース、荷室サイズが大幅に拡大される。

 

ホイールベースはヤリスよりも10mm長いが、これはSUVとしてサスストロークを大きく取ることでホイールトラベルの余裕を摂って伸びたぶん、フロアそのものが延長されるわけではない。

 

搭載されるパワートレーンはヤリスと同じ1.5Lハイブリッドと1.5Lコンべガソリンエンジンの2タイプで1Lの搭載はありません。

 

気になるデビューは2020年9月の予定。

 

クロカンテイストのロッキー&ライズと比べてかなりスタイリッシュで都会派です。

 

 

ヤリスクロスオーバーに搭載されるパワートレーン

 

ヤリスクロオーバーに搭載されるパワートレーンはヤリスに搭載される新開発された120psを発揮する直列3気筒1.5Lエンジン+ダイレクトシフトCVTと、1.5Lハイブリッドの2タイプ。

 

ハイブリッドモデルには後輪をモーターで駆動するE-Fourが設定されるのもヤリス同様。

 

ヤリスには搭載される直3、1Lエンジンは搭載されない予定になっています。