新型ヤリスの評価と口コミ

 

 

内外装の質感

エントリークラスとあって質感はそれなりでプラスチッキーですが、ヴィッツからすると随分と進化しました。

 

ディスプレイオーディオが付くので見栄えは良いです。

 

 

燃費と経済性

ハイブリッドはWLTCモード最良の低燃費をクリアしました。

 

2種類のガソリン車はアイドリングストップ機構を持ちませんが、悪くない燃費性能を持っています。

 

 

安全装備

ビジネスグレード以外は高機能のトヨタセーフティセンスを標準装備します。

 

誤発進抑制機能はオプションですが、斜め後ろの車両検知とオプション装着が可能です。

 

 

快適装備

一般的なものに限られますが、前席シートヒーターや運転席イージーリターン機能などはZ系に標準、G系にセットオプションとして用意されています。

 

 

走行安定性

TNGAモデルとして低重心設計がされており、スポーティなハンドリングを実現しています。

 

ハイブリッドはパワー感にも優れて楽しい走りを形づくっています。

 

 

ラゲッジスペース

ボディが小さい割には荷室スペースを確保しています。

 

デッキボードが上下2段に置けるので、開口部とツライチにするか最大限に深さを利用するかを使い分けられます。

 

 

コストパフォーマンス

上級グレードはやや高価ですが、廉価グレードのX系はディスプレイオーディオを小さな7インチとし、スターターを鍵をひねるタイプにするなどコスパを徹底したつくりになります。

 

 

ヤリスの総合評価

エントリークラスのコンパクトカーとして幅広い層をターゲットとしています。

 

ヴィッツでは実現できなかったサイド&カーテンエアバックの標準化を達成して、トヨタセーフティセンスの機能は上級タイプで、安全性能がアップしています。