新型ヤリスのパワートレーンの評価

 

 

直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン

 

1000ccエンジン

 

 

エンジンは従来から搭載されていたが、CVTは機能が向上しています。

 

メリットは価格の安さ。


ベーシックなエンジンで低価格も利点

 

直列3気筒1500ccのガソリンとハイブリッドは新たに開発されましたが、直列3気筒の1000ccは従来からのユニットを継続的に搭載しています。

 

メリットは何といっても価格の安さです。

 

Gグレード同士で比べると1000ccエンジン搭載車の価格は1500ccに比べて14万円も安い。

 

そして1000ccエンジンを搭載する装備のシンプルなX・Bパッケージは、価格が139万円です。

 

法人などに販売するにはこのような低価格の仕様も不可欠で、コンパクトカーの特徴とも言えます。

 

 

 

1500ccガソリンエンジン

 

 

コンパクトボディに1500ccの余裕ある排気量を組み合わせて、スポーティな走りを味わえます。


 

軽快でスポーティな運転感覚を満喫。

 

新開発された直列3気筒1500ccのガソリンエンジンは新型ヤリスの中心的なパワーユニットに位置づけられます。

 

高コストな直噴エンジンで、余裕のある動力性能と低燃費を両立させています。

 

2WD/CVTのWLTCモード燃費は21キロだから、従来から搭載されてきた直列3気筒1000ccのよりも優れています。

 

実用回転域の駆動力に余裕があり、高回転域の吹き上がりも活発です。

 

優れた走行安定性や操舵感と相まってヤリスの走る楽しさを盛り上げています。

 

 

 

 

 

1500cc ハイブリッド

 

低燃費に加えて動力性能、加速の滑らかさ、静粛性も優れてヤリスの満足感を高めています。


 

低燃費に加えて動力性能や静粛性も高水準

 

直列3気筒の1500ccエンジンをベースにしたハイブリッドは、日本車の中でも最高水準の燃費性能を実現させました。

 

2WDのWLTCモード燃費は35キロとされ、燃料代を大幅に節約できて、モーターの駆動力が高くて加速性能も良好です。

 

アクセルペダルを深く踏み込む機会が少ないために、静かで滑らかな走りを満喫できます。

 

満足度が高いので上級機種からコンパクトカーに乗りかえるユーザーにも適しています。

 

塾生されたハイブリッドシステム。